新しいがん治療法です|メニエール病とは突発的なめまいや吐き気などから見抜く病気
医者

メニエール病とは突発的なめまいや吐き気などから見抜く病気

新しいがん治療法です

女性

体に優しいがん治療

健康な方でも日々がん細胞は発生していますが、それが重大な病気にならないのが免疫の力です。免疫とは自分以外のものが、体内に入ってきたときそれを排除しようとする作用のことをいいます。免疫細胞治療とは患者さんの体内からリンパ球、樹状細胞といったがんへの免疫となる物質を取り出し、増やしたり強化した後また患者さんの体内に取り入れる治療です。免疫細胞治療は、抗がん剤のように強力ではあるけれど副作用も強い治療と違って、もともと自分の体内にあったものなので体への負担が少ないです。今まで問題になった副作用はありません。また、体内で広範囲に小さく存在するがん細胞の攻撃を得意としていて、その効果も持続する可能性があります。

がん再発防止に有効です

現在の免疫細胞治療では大きながん細胞を破壊する能力はありませんが、手術、放射線治療、抗がん剤で弱まったり小さくなったがんにとどめをさすことに能力を発揮します。つまり再発防止に関して免疫細胞治療は現在最強の治療法といえます。抗がん剤との併用では、短期間で小さくなったがんを処理します。放射線治療との併用では、がん細胞に目印がつき易くなりますので、攻撃しやすくなります。手術では目に見えない小さながんが取り残される可能性がありますので、その極少のがんに有効です。免疫細胞治療は一部の血液系のがんを除くほぼすべてのがん細胞に有効で、症状のどの状態にも適応しますが、この治療単独では今のところ力不足です。他の治療法との組み合わせが重要です。